Asia BlossomAsia Blossom
Forgot password?

ミャンマートラベルスタイル

サイカー

ミャンマーでは近距離(1km程度)の移動にはサイカーを使うことが多い。サイカーとは人力サイドカーのようなもので言葉自体もサイドカーに由来している。サイカーには人を運ぶ車と荷物を運ぶ車の2種類があり、料金は距離や客の数、荷物の量により異なるので乗る前に交渉する。最低料金は500~600ks。サイカーは許可制で運行出来る区域も決まっていてメイン通りでは運行できない。サイカーの事業形態は、オーナーが20~30台のサイカーを持ち運転手に貸し出す。貸出量は1000ks~2000ks/日で安いようだが修理代は借主持ちなのでそんなに楽な商売ではなさそう。


牛車

村ではモーター道路がないので、牛によって駆動されるカートを利用しています。

カートを引っ張るには、牛や水牛が使われます。カートのデザインは単純、木製の荷車です。

このカートは荒いカートトラックに重い負荷がかかるため、構造と材質が強くなければなりません。
水牛または牛の首に固定された木製のヨークによってカートを引っ張る。二つのカートホイールも太いスポーク鉄リムとの強いチーク材で作られています。車輪は車軸に接続されて「Pyingadoe」と呼ばれる硬い木材から作られました。車輪のハブは特別にPadaukと呼ばれる硬い木材から作られています。そのライトカートはミャンマーの村に住んでる豊かな人々によって使用されています。


ヤンゴン市内回り列車

ヤンゴン市内回り列車はヤンゴンのルートはヤンゴンの北からInsein,Mingalardon,North Okkalapaから北にループアウトしてから戻る。ヤンゴン市内回り列車は時計回り(左向き)と反時計回り(右向き)走る列車2台あり、
3時間かかります。列車は代は安いです。列車は午前6時から午後8時まで30分ごとに出発します。

馬車

ミャンマーには馬車を人と荷物を輸送るために使用されています。ピィ、バゴー、モーラミャインなど
農村地域のような都市の郊外で見つけることができます。バガンとピィンウールインなどでは観光する時
利用されています。馬車には、キャンバスで覆われた竹製の軽い屋根があります。ピィンウールインでは馬車は、Urdu言語でGarryと呼ばれています。このギャリーは四輪車であり、木材で適切に作られています。
馬車の両側にドアと窓が付いています。運転席には、フロントの屋根の上にあります。背面側には荷物室です。Garriesは美しく異なる色で描かれています。