Asia BlossomAsia Blossom
Forgot password?

インレー湖 (Jewel of Shan State)

 

広大な湖で少数民族や自然の美に出会うことができる。涼しく心地よい風と水に心癒されることだろう。インレー湖周辺と湖上に浮かぶニャウンシュエは小さな町だ。インレー湖はシャン州の中で最も深い海抜900m以上。大きさは横10km縦22km。周辺の村や町を合わせて約150000人が暮らしている。晴れの日には、湖面は日光で七色に変化し幻想的だ。湖上に住む多くの人々は湖上に浮畑を作り野菜を育てている。少数民族のインダー族は湖畔と湖上あわせ17の村をつくり生活している。 毎年10月に村々を回る盛大な仏教的お祭りが開かれ、大勢の人々が参加する。 ニャウンシュエの周辺には様々な種類のホテルがある。

インレー探検

この地図を使ってインレーの観光名所とホテルを探検します 。

主な見所

清い水で景色の良いインレー湖、そのインレー湖に浮かぶ雑草や藻を集めつなぎ合わせ土台にした浮畑が見えます。
インレー湖の一番有名なファウンドーウーバゴダとパゴダの祭りはシャン州の特徴のある祭りで外国人も面白い。
トレッキングの好きお客様のためシャン州のアカ村、ラフ村、レス村、ワ種族村のトレッキングが楽しめます。

« パウンドーウーパゴダ:インレー湖上にある5つの仏像が安置されたミャンマーでも有名な寺院。5つの仏像には金箔が貼られ、原型がわからない団子のような形になっている。1年に1回9月下旬か10月上旬に、祭りが行われる。祭りは5つの安置された仏像のうち4つの神聖な仏像を中心に行われる。この4つの仏像は200の村を18日間で回らなければならない。村に仏像が来ると人々は幸せなどを祈願して村中から集まる。18日後村回りが終わると、仏像は賑やかな音楽と共にパウンドーウーパゴダに戻ってくる。

 

ンガーペー僧院(ジャンピング・キャット僧院):木製のガーペー僧院は湖上にあり、ジャンプ芸をする猫がいる僧院として有名だ。僧侶が餌の入った缶の音をガラガラさせると猫が集まってくる。その中から1匹猫を選び丸い輪っかを猫の上に高々と上げる。すると猫は見事にジャンプし輪っかをくぐる。観光客の歓声を受け餌を貰う猫の姿は愛らしい。 また、この僧院はシャン州、チベット、バガン、インワと様々な種類の仏像があることでも有名。それぞれの仏像や木のモザイク台座、ケースなどに非常に凝った装飾が施されている。このような装飾技術は、シャンやタイ北部の技術とされることから、この僧院ができたのは何百年もの前と言われる。

浮畑:湖に浮かぶ雑草や藻を集めつなぎ合わせ土台にする。その何千もの畑で野菜や花を育てるのだ。

インデイン(Indein)» は小さい村でインレー湖の西側に位置する。湖からパウンドーウーパゴダがあるあたりの狭い川を下って1時間半。川は結構狭く流れが強いのでちょっとしたラフティングのようだ。本堂は丘の上にあるので船着場から30分ぐらい階段を登らないといけない。本堂の周りには壊れかけた古い仏塔がたくさんある。上に行けば行くほど涼しくなってくる。古代遺跡と緑が立ち並ぶ光景は穏やかで静かな景色だ。パゴダの丘から見る景色と新鮮な空気は気分を爽快にさせてくれる。船着場周辺は市場で地元の人たちで賑わっている。昼食時は農民と水牛

が一緒になって昼食をとっている光景が見られる。農民のほとんどは川から竹で水を汲み水田に水を注ぐ。農業だけでなく洗濯やお風呂の水としても使われる。川では水牛と子供たちが遊んだり水を浴びたりしている。

レストラン

殆どの観光客さんはバウンドーウーバゴダ周辺にある湖上ホテルに昼食と夕食を食べることがあります。特にシャン民族の伝統的な食べ物が好みあっています。それにニャウンシュエとインレー湖に中華料理の売っているレストーランもあります。

ショップング

インレー湖の主な生産物は手で作った物で絹の服、木綿服、はすの花から作った衣服、鞄、銀で作った飾り物、赤銅の物等の工業があります。インレー湖を観光しながらこの工業に適当な値段で買えます。

インレー周辺

 

タウンジー(Taunggyi):海抜1430メートルにあるシャン州の首都。気候は涼しく町は青々とし森林に囲まれたリゾート地として有名だ。タウンジーからインレー湖周辺まで車で約1時間。住民の多くはインダー族で市場では周辺に住む民族の生活も見られる。満月のお祭りを毎年11月頃、タザウンモン祭りとして開催する。タイの商品を安く買えるのでショッピングも楽しめる。

 

 

カックパゴダ最近発見されたタウンジーの向こうに位置する仏塔遺跡。11世紀バガン時代のインドの王様アショーカ王によって建てられた100以上もの仏塔遺跡が、最近発見された。カックに行くと道路に沿って生活している村の人たちを見かける。小さな道路に沿って、かなりの数のパオ族村と緑の農園が広がっている。

  

ピンダヤ洞窟(Pindaya Cave):カローから約45kmの小さな町で、大規模な石灰で作られた洞窟でよく知られる。洞窟の奥にある丘の中腹に15mの高さのシュエウミンパゴダがある。石膏や大理石、チーク材、漆塗りやセメントなどで作られた8000の仏像がある。その 殆どは100年以上のものである。この地域にはダヌ族が住んでいる。周辺にはパオ族、パラウン族、インダー族、タウンヨー族の村があり訪問する事ができる。ピンダヤ高原をは広大な山脈が広がり、山と都市の間には湖がある。湖では女性や子供たちが泳いだり水を浴びたりしている。

 

 

 

カロー町標高1320メートルのある小さいなシャン高原の町カロー(Kalaw)は19後半~20世紀前半に、イギリス人によってつくられた。天候は涼しく、松林や茶畑の緑が目をひく。今でもコロニアル式の建物が残されていて避暑地としてイギリス人にも人気がある。周辺の村へ民族巡りをするのもいいだろう。カロー周辺にはパラウン族やパオ族、ダヌ族、タウンニヨー族が住む。